本日、よひら日和

次のステップへ

よひらと、私のことで皆様にお知らせがあります。

2002年の6月に開業して以来、
12年と数カ月、たくさんの方のお世話になり、
今日までよひらを続けてくることができました。

本当にありがとうございました。

お客様や皆様のお力添えに恵まれていました。
そして、たくさんの方の支えがある中にいられました。

卒業と同時に、王道とされる道から外れ、
夢を叶える事が困難になり、自暴自棄になった時期も
ありましたが、生まれ育った秋田の地で、
人生最初の夢だった和菓子職人になることができた事を、
私は生涯、忘れません。

秋田での日々は、これからの私にとって礎となる
大切な時間でした。
心から、ありがとうございました。

和菓子職人になることができた今、
次なるステップに進みたいと思います。

ここまでの道のりについて、一切綴ってきませんでしたので
私の決意は、皆様にとってはいきなりに感じるかもしれません。

大変申し訳ないのですが、私の中で徐々に徐々に考えて…
決断に至ったことなのです。

秋になり、この休業を決めたこともあり、
栗や芋を使った秋のお菓子を作っている…と色々考えたり、
お客様のことが頭に浮かび、私としても思うことも…
正直に申し上げると、多々、あります。

でも、これからのことを考えると、
同じくらい、それ以上の強さで、更なる勉強の必要性を
感じていることをご理解いただけたら、幸いです。

秋田を離れ、今までとは全く違う環境に身を置き、
これからの私を形作って行く努力を重ねます。

今まで本当にたくさん、言葉で書き表わせないほど
お客様をはじめ、たくさんの方々のお世話になり、
何度も書いてしまいますが、お世話になりました。
ありがとうございました。

10月中旬を持ちまして
菓子工房よひらを休業させていただきます。

少しずつお客様やまわりの方へ、お話をさせていただいてましたが、
ブログでのお知らせが遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

休業までの出店の予定です。

五城目朝市には、

9月 27日 30日
10月 2日 5日 7日 10日 11日 12日
15日 17日

の出店を予定しています。

その中で、10月11日・12日の五城目朝市は、
「全国朝市サミット2014 in 五城目朝市」ということで、
普段、午前中しか開催していない朝市が、

11日は、午前8時~午後3時頃まで
12日は、午前8時~正午頃まで

開催されることになっています。

10月10、11、12日は、3日連続開催の五城目朝市になっています。
12日は、「秋の朝市きのこまつり」ですので、
きのこを見ながら、よひらへもお越しいただけたら…うれしいです。

お待ちしております。

休業期間が1年になるのか、半年になるのか、
今のところは未定で分かりませんが、

菓子工房よひらは、あと約3週間程で休業に入ります。
あと約3週間だけ、よひらにお付き合いください。

今までありがとうございました。

菓子工房 よひら   村上 直子

ご無沙汰をしていた上に、
長い文章に目を通していただき、ありがとうございます。

思案の外

130201_194517.jpg

 

どうしようも出来ないところが好き。

いや、恋愛とかの話じゃなくてよ?

計算しても計算しても、
蒸し上がってお顔を拝見するまで分からない、
そして、どうしようも出来ない出来上がりが好き過ぎる。

デコレーションとか、小手先、指先であーだこーだ出来るとか、
繕えるとか、私は好みじゃない。

私が好みじゃないだけで、それが好きだって人もいる。
そして、私が好き過ぎるコトが、後でお直しが出来ないなどの
理由で、好きじゃない人がいることも知っている。

私がコツコツコツコツ、同じ仕事に取り組めるのは、
このどうしようも出来ないことを如何に自分の理想に沿うように
美しく作られるか?に挑む気持ち。これが根本にある気がしている。

中餡を練り上げることから始まる。
火取り餡をどのくらいに仕上げるのか?とか、粉の合わせ具合は?とか、
最終的な塩梅は…とか、1つ1つの細かい仕事が重なって、
この1つのお菓子を作っている。

たかがお菓子の話だけど、
これは人生とまったく同じだと思う。
少なくとも、私はそう思い、感じ、生きている。

私が想い描く最終形を目指しながら、生きる感じ。
先が分からないコトで不安に打ちのめされそうになることはない。

今ここで、右に行こうが、左に行こうが、
人は、一事が万事とも言うけれど、私は今ここでどっちかに出来ることは、
今ここで、どっちにしようがどうでも良いことだと私は思っているよ。
ここでどうにかしようとすること、
そうせざる得ないとなるのは…と考える。

 

人生というくくりで見たら、どっちであってもどーでも良い話だと。

どうでもよい繕いに神経を使うくらいなら、
別のことに気がつくべきだなとつくづく感じた日でした。