sir-etokな生活

そういえば…

 

出勤しようとドアを開けたら、こんな日もありました。

隣の家の裏庭?畑でくつろぐ、シカコちゃん。

 

撮影日 2016年8月5日

寮の窓から…

 

撮影日 2016年5月17日

 

寮の窓からの写真です。

 

お墓が見えますが、私には気にならなかったんですよね。>窓からお墓が見える仕様について。

 

宗教的なお話になりますが。。。

人は生まれた瞬間から死に向かって生きて行くわけで、別にみんながみんなが、

あなたの知らない世界のようなこの世で無念、積念、怨念…みたいなオドロオドロしいモノを

残してとか、死んでゆくわけではないと思っているわけです。

そりゃ、中にはそのようなおもっ苦しい方もいらっしゃるとは…思いますが、

私の中では、お墓に入っている人というのは、

 

”産まれてきて、生きたから、死んじゃった人”

 

っていう考えなのでした。

 

間違った。

知床での私のお友達のお話を書くつもりこの写真を選んだのに…。

 

会社への道でも、寮の窓からでも、どこにでも、エゾシカがいる生活でした。

たぶん、通勤途中で自動車とすれ違うより、いや、自動車とすれ違わなくても、エゾシカとは

すれ違うという、エゾシカに囲まれた生活でしたよ。

 

朝、カーテンを開けて、エゾシカ! は、普通の朝の風景です。

 

動物が大好きな私は、そのエゾシカに向かって、

 

シカコちゃん♡

 

と呼んでは、話しかけていました。