私が今まで購入したラジオ数… 7台。

たぶん、 いや、
絶対に同年代女子の中では 多すぎる台数だと思う。

2台は只今貸出し中で、1台は永眠となり、
私の手元にある現役機は、4台。

6台の内訳。
☆ シンセチューニングの名刺サイズラジオ 2台

☆ ICF-B100

☆ ICF-EX5 2台

☆ ICF-801

名刺サイズはバックに忍ばせて旅に。
使わなくても必ず忍ばせておく。
昨年、国技館に行った時とても良かった。

EX5は、1台は工房、1台は自宅に。
工房は、このラジオしかFMが受信できない生活環境で
アンテナの安定性に惹かれて、2台所有。
今日も、NHK-FMを楽しんだ。

801は、先々週だったかな、突然思い立ち、購入してしまった。
(何かにとりつかれていたのかな?と思うほどいきなり購入。)

本当は、B100が欲しかったのだけど、生産が終了してしまっていた。
このB100も、EX5も秋田県産なんだよ。そそ、ラジオも地産地消だよw

小坂の十和田オーディオで作られていて、この十和田オーディオは
日本でただ一つのラジオの設計から製作まで一貫して作ることが出来る
会社だと教えていただいた。
秋田県の大切な財産だといつも思ってる。

B100は、父に貸出し中。
このラジオは、電池残量が確認出来ること、
単1~3までのどの電池でも ラジオを聴くことが出来ること、
非常用ラジオということで、 リチウム電池を抱えたラジオであること…
何より、カタチ大きさが置いておくのに最適だと思っていて、
いつか生産再開されないのかな?と熱望している。

今、ICレコーダーが…など、新しいラジオが出てきているけれど、
私は今までの名機・神機と呼ばれる日本製ラジオを使いたい。

今まで重要なのは、 アンテナ、アンテナの安定性、
強さだとばかり思っていたけれど、 801にスイッチを入れて驚いた。

なんなんだ!この音の違いは!!!

こんなに音がキレイなラジオは初めてでビックリし過ぎてしまった。
だから今は眠りにつくギリギリまでつけてしまってたり、
なんでこんなにラジオが好きなのか、自分でも良く分からない。

なんて表現したら良いんだろうか? 音がとても柔らかくて、
とても広がりを感じる音というか、キレイだ。

どうしてなんだろ…。好き過ぎる。
全くもって分からない。

ちょっと気持ちが悪い。。。自分のことながら。

昔から、あのラジオの四角い箱に惹かれていたように思います。
中学生の月刊誌の春の付録にラジオが当たり前だった時代から、
あの四角い箱がどうしようもなく欲しかった小学生でした。。。

実生活で、ラジオについて話したことなんてないし、
話せる知り合い…いるのかな?こんなこと話せないかも。。。